【体験談】砂子塾ッ!菅生遠征レッスン!参加者塾生リポート(^^♪

TVC・砂子塾生
モリ 様
TVC & 砂子塾歴:1年8ヶ月
車両:トヨタ86(GTウィング付き)

  

砂子塾へ入塾のきっかけは…

砂子塾の門戸を開いたのは2021年2月21日。

2月18日に富士スピードウェイで86レーサーズをレンタルをして見事クラッシュしたのがきっかけです。

らしいのですが、もうすでに遅し。クラッシュする前に入塾したかったです。入塾当日に中古のトヨタ86を買いに行き、その後は月1ペースで砂子塾と月2〜4ペースでTVCに通いました。

砂子塾のキーワードは、、、

「ノークラッシュで上達しタイムアップする」

ちなみに86買う前はGTRを買おうと思っていましたが、塾長と東風谷さんがFRがいい!MTで!と言うので指示に従い86のMTになりました。

菅生遠征へ

普段は富士スピードウェイか袖ヶ浦フォレストレースウェイに通っているのですが、砂子塾で菅生遠征レッスンがあるということで、TVCでも練習していたスポーツランド菅生を実際に走ってみたい!と思って募集開始とともに申込をしました。

菅生遠征はこれまで4回開催されたのですが、その内3回参加させて頂きましたので、その体験談を共有させていただきます。

1回目(7月6日)

あいにくの雨。砂子塾ではウェット路面で練習するのですが、国際規格サーキットとなると速度が出るので、恐怖心が出ます。

走行会では完熟走行があるのですが、初めて走るし、完熟走行のペースが思ったより速くて、完熟走行なのにコースアウトしそうになり意気消沈…。気持ちは夜の座学(食事&懇親会)4時間走行会の内、ほとんどの時間をピットで過ごしました。

この日のタイムは路面状況で大きく変わったのですが、一つ学んだことはコーナーの手前で減速を終わらせ、前荷重になりすぎないようにしてコーナーをクリアする事でした。コーナーが下っている場所(3コーナーやSP2)は特に気をつけました。これも経験です。

走行会は4時間でしたが、夜の座学は4時間半くらいあってこちらも楽しかったです(笑)

2回目(9月29日)

2回目も募集開始と共に申し込みました。そして当日はドライ!秋晴れ!

まず自分で乗ってタイムを出してその後に塾長に同乗走行をお願いしました。

その後、塾長のラインとリズムを忘れないうちに自分でも走行した後、デジスパイスの走行データを比較して課題を明確にしました。4時間走行会なので、課題を見つけつつ、すぐに再トライできるのが本当に練習になります。

塾長とのタイム差が1秒ほどまで縮まって喜んでいた(プロの1秒差にまで進歩!)のですが、最後に東風谷さんにも同乗走行をしてもらったら(実は挑戦したら勝てるかもと思い…)私と1.9秒差をつけられて自分の未熟さを痛感しました。

この日はこれで日没終了となったので不完全燃焼感がありました。

次の10月20日の走行会で砂子塾遠征開催を東風谷さんにお願いして、3度目の挑戦(リベンジ?)を決意します。

3回目(10月20日)

当日は秋晴れ!ドライ!最高気温18度!最高のコンディションで再挑戦の日を迎えました。

実は前日の19日に富士スピードウェイで86レーサーズのレンタルをして、自信満々で運転したら2回もスピンしてしまって意気消沈しながら6時間かけて菅生までやってきました。

走行開始前に東風谷さんから意気込みを聞かれたのですが、「安全運転で」と返答しました。自走で帰らないといけないので、クラッシュ警戒をして走行をスタートしました。

まずは自分で走行してみて、前回の東風谷さんのタイムから1.5秒落ちまで詰めた後、東風谷さんの同乗走行をお願いしました。そしたら東風谷さんが前回より更に速いタイム(1分43秒9)を出したので、ハードルが上がってしまいました。

その後は自分で走行→デジスパイスで課題確認を繰り返しました。

中盤、3コーナーとSP1&2の2か所以外を克服し、最後には3コーナーも東風谷さんと同じようにクリアできるところまで出来るようになりました。結果は東風谷さんの1秒落ちまで詰めることができ、課題もSPコーナー1&2で0.8秒遅いというところで今回の遠征は終了しました。

結論:走行会は楽しい!

4時間走りっぱなしということはなく、他の仲間たちとコーナーのクリアの仕方や目線の置き方など情報共有したり、他の人のデジスパイスのデータをみてあーだこーだと話しつつ、走行しつつととにかく楽しい走行会でした。

次回は11月30日富士スピードウェイレーシングコースにて1時間の砂子塾走行会が楽しみです!

2023年1/4(水)富士プレミアムレッスン開催予定!
結局GTR買いましたw

【砂子塾長からのコメント】

『富士でクラッシュしました(⁠T⁠T⁠)』

森くんとの出会いはこのコメントでした。汗

『なんとか上手くなりたいんです…』

その後の力が入ったコメントで安心した記憶があります。真面目に楽しむ!
これ、まさに森くん。
いつしかTVCでのタイムも上り、全く当てられなかったカウンターステアも様になってきました。
たった1年でこんなに…
TVC砂子塾生のお手本のような森くんの次の目標を早く設定せねば!(笑)


【東風谷事務局長からのコメント】

森さんが砂子塾初回にエントリーした時は、カウンターステアが充てられずスピンやアンダーステア連発、シフト操作も不慣れな感じでした。

毎月トレーニングを重ねて徐々に苦手箇所を克服し、メンタルも強くなってきてる印象です。

菅生の遠征トレーニングで僕を指名して同乗走行依頼をしてきた時の眼差しは…

『僕を倒しに来たなー』と直感しました(笑)

練習を積めば自信が持てて楽しくも速くも走れるのだと森さんが体現していると思います。

菅生で森さんからの同乗依頼を引き続きお待ちしています(笑)