東京バーチャルサーキットとの出会い

レーシングドライバーから石垣・西表島での暮らし

現役時代、この世界にしがみつく先輩方々をたくさん見てきた。プロドライバーとして、必ず誰もが終焉を迎える。オレは『美しい終わり』を求め、そして第二の夢である『八重山離島暮らし』の実現に向けて43歳で引退した。

毎日、仕事で船で行ったバラス島(珊瑚の残骸だけで出来ている無人島)最高に綺麗な海が見れる

それから3年間の石垣・西表島での暮らし。珊瑚の海、マングローブ、ジャングルのガイド暮らしは収入こそ少ないものの、満足いくやり甲斐のあるものだった。

左・ニシダ川、5~7月に咲くサガリ花、ヒナイサーラの滝 毎日の仕事場だった

東京へ帰ると決めた、その直後の東日本大震災。そして、その1ヶ月後の羽田に降り立つ飛行機から見た明かりの消えた東京の寂しい夜景は脳裏に焼きついている。

 

イギリスのベースパフォーマンス社を訪問

左・ベースパフォーマンスSimulator開発のアストンマーティンワークスDr。ダレン・ターナー 右・ヒースロー空港

ノープランで戻った、その日から仕事探しが始まった。それから数ヶ月後、西表島にもよく遊びに来てくれて、一緒にダイビングしまくった谷口行規さん(現ユークス代表取締役であり、東京バーチャルサーキットのオーナー)からレーシングシミュレーターに関する話を受けた。

当時、谷口さんはWTCCで世界を転戦し、レーシングシムをヨーロッパで経験し、衝撃を受けたところでもあった当時の日本には、当然そんなものはなく「世界に後れを取っている」と感じた谷口さんが、「日本にも必要」で、「まさに塾長にうってつけの仕事」といって、任せてくれたのが、東京バーチャルサーキットだった。

その年の11月にイギリスのベースパフォーマンス社を訪問。レーシングシムをドライブし、オレも衝撃を受けた。

左・テムズ川 中央・シルバーストーンサーキット(サーキット内にもSimトレーニング施設がある) 右・お馴染みビックベン

「これ、実車と同じじゃん…」ステアリングに伝わるフィードバックや脳の使い方。そして、そこにエンジニアやチームオーナーと一緒に通うフォーミュラ・ルノーやF3の若手ドライバーのトレーニング風景、走行後のミーティング風景…。

「これは急がねば!」かくして日本初のレーシングシミュレータートレーニングジムとして、2012年2月に東京バーチャルサーキットはオープンするのだった。

TVCが最初に導入したフォーミュラタイプSim

それから丸6年。毎日、ドライビングを考え、解析、そして、インストラクションの日々。もうそれは現役時代よりも遥かに多くの時間である。どう伝え、理解させるかと思案したときに、四文字熟語的な表現が記憶に残りやすいということもわかった。『走行記憶』『初期踏力』、三文字だけど『再現性』など。ドライビングは「記憶・解析・フィードバック」この頃から呪文のように教え子たちに連呼した。

レーシングシムの使い方は、決して新しいサーキットを覚えるためだけにあるのではなく、ドライビングそのものを理解し、癖を矯正し、ドライビングの思考回路、すなわち脳を鍛えるものである。

フォーミュラタイプだけではユーザーは限られてしまう。絶対にツーリングカーシム製作が必要。「本物でつくろう」ということになり、ポルシェを半分にぶった切り、赤坂の高級マンションの1階に入れた。

どうハンドリングを再現するか?とにかくそれが重要。視界は本物を用意したのだから!

テスト、テスト、テストの日々。ある意味、ステアリングに伝わるマシン挙動を日本でいちばん知ることになった。

そして、多くのドライバーがTVCで育ち、成長していった。草レース、走行会、タイムアタック、スーパーGT、F3、スーパーフォーミュラ…。

 

東京バーチャルサーキットについて

2012年2月にオープンし、のべ1万人ものドライバーのトレーニングをしてきました。アマチュアドライバーに何が必要なのか?答えはシンプルです。正しい知識、正しい動作、そして記憶・再現から行うフィードバックです。その思考回路反復トレーニングこそがシミュレーターでコストを抑えて出来るのです。なおかつデータロガー解析にて分かりやすく説明し、理解して頂きます。

データロガー解析で操作を可視化

スピードグラフ、ブレーキ踏力波形、スロットル開度、ステア舵角、Gフォースなどを比較し可視化し理解していきます。プロフェッショナルとの比較が重要です。

間違った知識・間違ったドライビングを矯正

間違ったドライビングでの我流走行は野球のバッティングで例えるなら、ダメスィングで素振りを1000回する様な話しです。同じくドライビングもダメドラビングの厚塗り・上書きはNGです。我流はいりません。まずはドライビング診断!間違った知識・間違ったドライビングを矯正します。正しいインストラクションと知識は、ローコストで効率よいスキルアップへの近道です。必ずあなたを速くしてみせます!TVCは実績勝負です!

 


■ 所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東4-12-1

■ TEL・FAX:03-5962-7574

■ 営業時間:10:30~20:00

■ 定休日:不定休